レーザーなどを使ってムダ毛を処理した後に、お風呂に入るのは皮膚に良くないと分かっている人でも、お酒を飲むのは大丈夫だと勘違いしている事も多いです。光照射やレーザー脱毛などの施術を受けてからの飲酒は、皮膚を温めて痒みを感じる事になってしまったり、皮膚の乾燥を引き起こす事になりかねません。もし皮膚の乾燥状態が悪化してしまうと、施術の効果が薄れてしまう事もありますし、皮膚のシワなどが増える原因にもなるので注意が必要です。

レーザーなどを皮膚に照射した当日には、アルコールの摂取を控えておくように注意しましょう。施術を受けた後だけでなく、施術を受ける前にもお酒を飲まないように気を付けなければいけません。

サロンなどで施術を受けるスケジュールを立てる際には、飲み会などの誘いが無さそうな日の近辺に施術を受けるよう意識してください。アルコールを摂取した際に顔が赤くなりやすかったり、体温が上がりやすいと自分で実感している人ほど注意が必要です。お酒を飲んでしまったせいで、レーザーの熱が皮膚にこもりやすくなってしまい、必要以上に皮膚に刺激を与える事になりかねません。

もし間違ってお酒を飲んでしまい、皮膚が熱く感じるような事があっても、慌てずに皮膚を冷やしてください。それだけでも皮膚のダメージをある程度は抑える事ができますし、自然と施術の効果も出てくれますから、そこまで大きな不安を覚える必要はありません。

しかしプロのアドバイスはよく聞きながら、脱毛を行うようにしてください。